この記事は約 2 分で読めます。

 
動物にはなつきやすいものもあれば、

なつきにくいものもあります。

 

比較的なつきにくい動物でも、

飼い主の接し方によって

なつく場合もあります。

 

そこで、

トカゲは爬虫類の中では

「なつきやすい動物」

だと言うことを知っていましたか?

 

では、今回は

トカゲがなつく方法、コツ

を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


トカゲが「なつく」方法とは?

基本的な方法として、

2つの前提条件があります。

 

では、

それぞれ見ていきましょう。

 

①なつきやすい種類のトカゲを選ぶ

トカゲがなつくには、

まずはなつきやすいトカゲを

選ぶことも重要です。

 

なつきやすいトカゲの種類と言えば、

「ローソンアゴヒゲトカゲ」

1639f70b7b885302c5573164a7e55455-300x225 トカゲって「なつく」?その方法、コツまとめ!

「フトアゴヒゲトカゲ」

1639f70b7b885302c5573164a7e55455-300x225 トカゲって「なつく」?その方法、コツまとめ!

などがあります。

 

ローソンアゴヒゲトカゲは

コンパクトサイズが良いと言う人に、

フトアゴヒゲトカゲは

ビッグサイズが良いと言う人に

人気のトカゲです。

 

ちなみに、

フトアゴヒゲトカゲは

40cm以上もあって、

ウルトラマンに出てくる

怪獣フィギュアのような感じです。

 

見た目とは違って優しく、

手の平に乗せている飼い主の方も多いです。

 

②トカゲの好きな環境を作る

トカゲがなつく方法と言えば、

トカゲの大好きな環境を

作ることは重要です。

1639f70b7b885302c5573164a7e55455-300x225 トカゲって「なつく」?その方法、コツまとめ!

飼い主にとっては当たり前ですが、

細かい配慮が苦手な方だと

妥協したくなることもあるでしょう。

 

でも、

私たち人間も居心地が悪い場所に来ると、

心身のバランスを崩しませんか。

 

トカゲもこれと同じ、

いやトカゲは私たち以上に

環境に敏感な動物です。

 

それで、トカゲが大好きな環境は

温かくて日当たりの良い場所です。

・床材を敷いた1.2m前後のゲージ

・ヒーターや紫外線ライト、シェルター

・餌箱や水飲み場

 

これらは必ずセッティングして、

ゲージ内に

低温部(28℃前後)

高温部(40℃前後)

を作っておきます。

 

夜は23℃くらいまで温度を下げたり、

3日置きに35度前後のぬるま湯で

温浴させたりなどの配慮も必要です。

 

これだけ頑張って環境を整えると

トカゲを買うのと同じくらい、

場合によってはそれ以上の費用がかかります。

 

トカゲの居場所を確保するのには、

予算の範囲内と言う訳には行かないので、

金銭的な覚悟が必要です。

スポンサーリンク


トカゲが「なつく」コツとは?

なつきやすいトカゲを選んだからと言って、

トカゲと長時間遊んだり、

自由に触ったりしてはいけません。

1639f70b7b885302c5573164a7e55455-300x225 トカゲって「なつく」?その方法、コツまとめ!

トカゲは人間のように

長時間は遊べませんし、

尻尾を掴むと警戒することもあります。

 

遊ぶ時間は「1日10分程度」にして、

お腹から抱き上げるように注意しましょう。

 

どうでしたか?

トカゲになついてもらうためには、

「自分>トカゲ」と言う上下関係は

作らないようにしましょうね。

 

多少は自分が上であっても良いのですが、

「自分=トカゲ」に近い関係を

築くことが大切です。

 

トカゲと良い距離を保つために

一緒に過ごす空間、遊ぶ時間などを

気にして下さいね。