この記事は約 2 分で読めます。

 
「トカゲ」の中でもわりとよく見かけるのは、

体が茶色の「ニホンカナヘビ」

ではないでしょうか。

 

「ニホントカゲ」は

春から秋にかけて見られます。

 

「ニホントカゲ」の成長は早く、

少し前に赤ちゃんトカゲがいたなと思っていたら

いつの間にか立派な大きさの

トカゲになっています。

 

そこで、

あっと言う間に成長する「ニホントカゲ」は、

一体どの程度生きられるのか気になりますね。

 

今回はそんな

「ニホントカゲ」の特徴、値段、寿命

についてまとめました。

「ニホントカゲ」ってどんなトカゲ?値段相場は?

「ニホントカゲ」は光沢があり、

体が黒っぽいトカゲです。

 

一番の特徴として、

頭から尾に向けて黄色っぽいスジの入り、

尾が瑠璃色(るりいろ)のトカゲです。

fd523568c8481e56361175cff6036419-300x225 「ニホントカゲ」の寿命は何年?野生とペットで違う!?

卵からふ化した頃の

幼体の大きさは2~3cm、

そこから脱皮を繰り返し成体となります。

 

成体になると、

全体的に銅のような色に変わり

尾の瑠璃色も無くなるんです。

fd523568c8481e56361175cff6036419-300x225 「ニホントカゲ」の寿命は何年?野生とペットで違う!?

そして、

「ニホントカゲ」も他のトカゲ類と同様に、

脱皮を繰り返し成長します。

 

成体の大きさは約20cmで、

成体になるまで約2~3年かかります。

 

今や「ニホントカゲ」も

他のトカゲ類と同様に

ペットショップで売っています。

 

値段相場として

1匹2,000円が目安となり、

比較的安価で飼えます。

fd523568c8481e56361175cff6036419-300x225 「ニホントカゲ」の寿命は何年?野生とペットで違う!?

野生の「ニホントカゲ」の寿命は何年?

fd523568c8481e56361175cff6036419-300x225 「ニホントカゲ」の寿命は何年?野生とペットで違う!?

成体になるまでに

2~3年かかるのであれば、

寿命はそれ以上ということになります。

 

一般的に野生の「ニホントカゲ」の

寿命は「5~6年」と言われています。

 

ちなみに、

この短い期間でも冬眠をして冬を越すので

すぐに大きくなるイメージがついています。

ペットの「ニホントカゲ」の寿命は何年?

ペットとして上手に飼育することができれば、

寿命はかなり延びます。

 

上手に飼育と言っても、

そもそも野生の「ニホントカゲ」は

モズやカマキリといった

天敵に捕まって平均寿命が

短くなるのもあります。

 

ペットの寿命は野生の倍ぐらいになるので、

ペットの「ニホントカゲ」の

寿命は「10年」にもなります。

 

犬や猫に近いほど、

長く生きることができるペットなんですね。

 

「ニホントカゲ」は今では

ペットショップで売られているほど、

個体数の減少が見らています。

 

そして、子供の頃は

「ニホントカゲ」を捕まえようとすると、

その度に尻尾を切られて逃げられる

といった経験もあると思います。

 

しかし、

尻尾の長い「ニホントカゲ」は

かなりの高齢で、

尻尾を切られることなく無事に成長してきた、

とても貴重な個体とも言えます。

 

できるだけそっとしておいてあげて欲しいですね。

 

この記事の監修者

すず
すず
ペットが好きな女子!特に爬虫類が大好きなです!皆さんから「やくにたった!」などのコメントをたくさん頂き、色々共有できて嬉しいです。