この記事は約 2 分で読めます。

 
パンダと言えば「上野動物園」

 

そのパンダの動向は

メディアが多く取り上げて、

非常に熱を持ちます。

 

しかし、

和歌山のアドベンチャーワールドでも

パンダはいるのになぜか認知度は低いです。

 

これはなぜでしょうか。

また、それぞれに

どんなパンダがいるのでしょうか。

 

今回はそんな「上野」「和歌山」での

パンダの違いを解説したいと思います。

スポンサーリンク


「上野動物園」のパンダとは?

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

上野動物園が開園したのは

1882年に博物館の付属施設として開演し、

実は日本で最も古い動物園です。

 

その約100年後、

1972年にパンダフィーバー

という言葉が流行しました。

 

それは10月28日に

ジャイアントパンダ2頭が

上野動物園に初来日したことです。

 

到着したパンダは

ランランとカンカンと呼ばれ、

メディアでも多く取り上げまれました。

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

初公開された当時は1キロもの行列ができ、

5万6千人が一度見たいと訪れました。

 

しかし、その急激な人気に、

7割もの人が見れずに帰ったそうです。

 

そして2017年6月12日、

上野動物園のジャイアントパンダ

「シンシン」が出産して、

シャンシャンが生まれました。

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

これはメディアが多く取り上げられ、

やはり1972年に植え付けられた

「パンダと言えば上野動物園」

というイメージが現在も残っているのです。

スポンサーリンク


「和歌山アドベンチャーワールド」のパンダとは?

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

和歌山アドベンチャーワールドは、

1978年4月22日に

オープンした動物園です。

(当時は南紀白浜ワールドサファリ)

 

「人間(ひと)と動物と自然のふれあい」

をテーマに、

動物園・水族館・遊園地の

3つを併せ持つテーマパークです。

 

和歌山アドベンチャーワールドの

動物園では、何とか

「17頭のジャイアントパンダ繁殖実績」

があります。

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

これは、中国本土を除けば

世界最多の育成実績です。

 

もちろんジャイアントパンダの

子供が生まれるたびに

報道されています。

548cac65e5d01c4f339bfb1f53d9d37c-300x225 「上野」「和歌山」のパンダの違いとは?

しかし、

その日限りであることが多く、

上野動物園ほどの熱狂が

起こることはありませんでした。

 

どうでしたか?

日本にいるジャイアントパンダは、

・上野動物園に3頭

・王子動物園に1頭

・アドベンチャーワールドに6頭

と日本で一番パンダが集まっているのが、

和歌山アドベンチャーワールドなんですね。

 

和歌山でパンダの育成が始まったのは

その22年後の1994年ですから、

そのときのイメージが強く

上野動物園のパンダが人気です。