この記事は約 2 分で読めます。

 
「エイズ」は

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

が感染して発症する病気です。

 

ウイルスの名前に

「ヒト」とあるくらいなので、

人間にしか発症しないもの

だと思っている方も多いです。

 

しかし、

実は猫も「エイズ」を

発症することがあるのです。

 

飼っている猫が

「エイズ」を発症したとなると、

「人に感染するの?」

「猫の残りの寿命は?」

「どんな症状が出るの?」

たくさんの不安があります。

 

そこで今回は猫の「エイズ」の

症状・寿命などをまとめました。

スポンサーリンク


猫の「エイズ」の症状は?

6f3e9c25b3bc85aa2d34fda922012ec6-300x300 猫の「エイズ」の症状、平均寿命は?

「エイズ」と聞くと重篤な病気で、

急に激しい症状が現れる

と思っている方も多いでしょう。

 

確かに気付いた時には急激な症状に

なっていることもありますが、

実際には風邪のような

症状からスタートして、

段階を踏んで

激しい症状に発展していきます。

 

・感染して1ヶ月後くらい

⇒発熱・倦怠感・リンパの腫れ

・感染して数ヶ月後くらい

⇒一旦症状が落ち着く

・症状が落ち着いて暫くしてから

⇒ウイルスが増加して

免疫細胞がどんどん破壊される

 

そもそも「エイズ」は

ウイルスが免疫細胞を破壊して、

病気に対する免疫力を

低下させてしまう病気です。

 

なので、症状が進行するほど

風邪や他の病気にもかかりやすくなり、

最悪の場合は内臓疾患や癌などの

重大な病気にかかる

危険性がある危険な病気です。

スポンサーリンク


猫の「エイズ」は人に感染するの?

6f3e9c25b3bc85aa2d34fda922012ec6-300x300 猫の「エイズ」の症状、平均寿命は?

猫が「エイズ」を発症してしまうと、

人への感染が心配になるでしょう。

 

先に「エイズ」は

ヒト免疫不全ウイルスの感染

によるものだと説明しましたが、

猫の「エイズ」は

「ネコ免疫不全ウイルス(FIV)」

の感染です。

 

HIVとFIVは全く別物ですし、

人間はHIVになっても

FIVになることはありません。

 

つまり、猫の発症した「エイズ」が

人間に感染することはない

のでご安心下さい。

 

ただし、猫同士では血液・唾液などの

体液から感染することがあります。

 

複数の猫を飼っていたり、

放し飼いにしている方は注意しましょう。

猫の「エイズ」の平均寿命は?

6f3e9c25b3bc85aa2d34fda922012ec6-300x300 猫の「エイズ」の症状、平均寿命は?

「エイズ」に感染したからと言って、

必ずしも発症する訳でも

死に至る訳でもありません。

 

感染後も症状を発症せずに、

10年以上生きている猫もいます。

そもそも、

感染して発症するまでの

平均的な期間が4年半くらいなので、

エイズに感染してからの寿命は

4年半以上生きられる

可能性が大きいです。

 

ちなみに、猫の平均寿命は

以下のように言われています。

・飼い猫の平均寿命

⇒15年くらい

・野良猫の平均寿命

⇒4年前後

 

平均寿命を考慮すると10代の猫が

「エイズ」に感染した場合は、

「エイズ」関係なく本来の寿命を

迎えることも十分に考えられます。

 

ただ、大事にしている猫ほど

「病気のような辛い死は迎えてほしくない」

と考える方も多いでしょう。

 

「エイズ」による死を免れるためには、

病気を早期に発見して

発症前に治療を受けることです。

 

そうすれば、免疫力の低下を防いで

症状を最小限に抑えることが可能です。

 

猫のちょっとした体調の変化も

気にしてあげましょうね。