この記事は約 2 分で読めます。

 
今では夏の風物詩

とも言われるくらいの「蛍」

 

あの独特の光り方は、

綺麗で儚い感じがしますよね。

 

最近は蛍の住める環境も

昔より減ったので

見たことない人もいるかもしれません。

 

そんな「蛍の光る理由」も

儚いものなんでしょうか?

 

そこで今回は

「蛍が光る」ことの秘密を

徹底的に調査しました。

スポンサーリンク


「蛍」の種類は?

53c9cd12aa20b118b343768eae65cd8f-300x225 「蛍(ホタル)が光る」理由、原理まとめ!

世界の蛍はなんと

「2000種類」も確認されています。

 

しかし、意外なことにその中でも

光る蛍の種類は少ないです。

 

光っているものとして有名なのが、

「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」

 

つまり、

日本の川の近くで光っているのは

この2種類ということになります。

 

他にも「ヒメホタル」なども

光りますが、日本ではやはり

上記2種を見ることがほとんどです。

 

なお、

蛍の光の点滅の速度などは

地域によっても違います。

 

光ることに個性が出ることで、

同じホタルの種類でも

別の地域で観察する楽しみがある

ということですね。

スポンサーリンク


「蛍」はどうして光ることができるの?

53c9cd12aa20b118b343768eae65cd8f-300x225 「蛍(ホタル)が光る」理由、原理まとめ!

蛍にはお尻に「発光器」があります。

 

この発光器の部分に

ルシフェリンという物があり、

この物質が呼吸などにより

酸素と結びつくことで化学反応が起きます。

 

つまり、

化学反応が起きることで

光っているわけです。

 

なお、蛍の発行時の光は

熱をほとんど発しません。

 

電球などがピカッと長時間光ると、

温度が高くなりますよね?

 

しかし蛍は温度を高くせずに

化学反応でほぼ全てを光にしているので、

熱が出ないとすごい能力ですよね。

 

では、そこまで高度な能力で

光らせるのはなぜか見ていきましょう。

「蛍が光る」2つの理由とは?

①コミュニケーション

53c9cd12aa20b118b343768eae65cd8f-300x225 「蛍(ホタル)が光る」理由、原理まとめ!

夜飛んでいるとホタルは

仲間が見えにくいです。

 

そこで光を発することで

仲間に自分の位置や状態を

伝えています。

 

例えば、

危険が迫っていると感じたら、

仲間に危険だという合図を

光の強弱や点滅によって

送ることもできます。

 

オスとメスだけでなく、

オス同士のコミュニケーションも

行われているのが確認されています。

 

また、

光で同じ種類の蛍であることを

伝えているとも言われています。

その為、

ゲンジボタルはヘイケボタルには

近寄りません。

 

②求愛行動

53c9cd12aa20b118b343768eae65cd8f-300x225 「蛍(ホタル)が光る」理由、原理まとめ!

産卵時期になると、

ホタルは子供を残そうと

オスは光りながらメスを探します。

 

オスがメスと出会うと交尾をはじめ、

やがてメスが卵を宿します。

 

メスは草の上でじっと

していることが多く、

羽があり飛べるんですが

メスが飛ぶことはあまりありません。

 

つまり、

私たちが飛んでいる蛍を見ると、

それはオスという可能性が高い

ということですね。

 

ちなみに、蛍が光ったからと

近くで騒いだりすると

外敵がきたと蛍が感じます。

 

すると相手を威嚇するための

光り方をします。

 

なんおで

観察するときはできるだけ静かにし、

ありのままの蛍の姿を

見てあげれると良いですね。