この記事は約 2 分で読めます。

 
うさぎは小柄で静かなので、

室内で飼うのに適しており

昔からペットとして人気があります。

 

ペットとして飼う以上、

最後までしっかりと面倒を見る事を

考えなければいけません。

 

そのためにも、

うさぎの寿命を知っておく事は大切です。

 

そこで今回は

「うさぎの平均寿命とギネス記録」

についてまとめました。

スポンサーリンク


うさぎの平均寿命は?

 
うさぎの平均寿命は

野生:3年

ペット:5年~10年

と幅広くなっています。

 

飼育されているものについては、

飼育用品が充実して

生活環境が良くなっている事や、

飼い主がネットなどで簡単に

知識を得る事ができるようになった事で、

10年を超えて生きるうさぎも増えてきています。

 

また、一般的には5年程度から、

老化が始まっていると言われています。
 

スポンサーリンク


うさぎの寿命のギネス記録は?

c69a613df38a72e6d1689bc66a9d0df8-300x300 うさぎの平均寿命と衝撃のギネス記録とは?
 
ギネスに載っている

うさぎの最長寿命は

「18歳10ヶ月」「なっています。

 

犬、猫でも長寿な年数で、すごい記録と言えます。

 

このウサギは1964年に

オーストラリアで捕獲されて、

フロプシーと名付けられ飼われていたものです。

 

他にギネスに掲載されていたものでは、

ジョージ14歳、ヘーゼル16歳、ドゥー17歳

などがあります。

 

実際はギネスに申請していないだけで、

もっと長く生きていた

うさぎもいるかもしれません。

 

現在の状況は飼育環境が整いやすいので、

さらに寿命が延びて、ギネス記録が

更新されていく事も考えられます。

ギネス保持者がやっていた長寿の秘訣は?

c69a613df38a72e6d1689bc66a9d0df8-300x300 うさぎの平均寿命と衝撃のギネス記録とは?
 
飼っているうさぎに少しでも

長く生きていてほしいと願う

飼い主さんは多いと思います。

 

では、そのためには

どのような事に気をつければ良いのでしょう?

 

うさぎは繊細な動物です。

 

音に敏感なため、

静かな環境で飼う必要があります。

 

温度変化にも敏感で、暑さに弱いので、

20℃前後で保つ必要があります。

 

ストレス発散や体を丈夫に保つためにも、

ゲージから出して運動をさせる事も大切です。

 

骨が脆く、些細な事で骨折をするので、

気を付けなければいけません。

 

抱き上げただけで骨折をした事例も

あるほどですので。

 

食事の量や栄養管理をしなければいけません。

 

前述したドゥーの飼い主さんは、

牧草のチモシーとペレット以外は、

野菜もフルーツもおやつも

与えていなかったという事です。

 

かかりやすい病気として、

皮膚病や尿石症と言う尿に関わる病気の他、

子宮・卵巣・精巣の病気にも

かかりやすいため、避妊や去勢をする事を

考えても良いのかもしれません。

 

飼育されているうさぎの寿命は、

徐々に長くなってきています。

 

10年を超えるうさぎも増えてきていますが、

その寿命の多くの部分が

飼い主の手に委ねられています。

 

静かで清潔な生活環境を与え、

食事や運動の管理をして、

少しでも長く生きてもらえると良いですね。