この記事は約 2 分で読めます。

 
鳩(ハト)と言えば、

誰もが街中でよく見る身近な鳥ですね。

 

ヨーロッパでは数百万円もする

レース用の品種の鳩を飼う人もいたり

たくさんの種類がいますが、

みなさんがイメージする鳩は

実は2種類あります。

 

今回はそんな2種類の

鳩の英語にどのような表現や使いわけ方

があるのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


鳩(ハト)の英語は?

鳩の一般的に使われる英語は

“pigeon”

と言います。

発音記号は

【pídʒən】

「ピジョン」

と読みます。

 

この“pigeon”は、

広場や公園、神社などで

よく見るグレーで人懐こい

「野生の鳩」「土鳩」を表します。

f33db09e29c782d3aa24fa08edeb89cd-300x240 鳩(ハト)の英語は2つあった!?驚きの使い分け方とは?

パンくずなどのエサをまくと

チョコチョコ寄ってきたりして

かわいいですよね。

 

そのような鳩に合わせて、

次のようなハトも

この“pigeon”を使います。

「飼い鳩」

(小屋に帰ってくるようにしつけられた鳩)

“homing pigeon”

 

「伝書鳩」

“carrier pigeon“

→伝書鳩が帰ってくる

“A carrier-pigeon homes.”

 

「レース鳩」

“racing pigeon“

→レース鳩が空へ飛んで行った

“Racing pigeon was flying to the sky.”

 

鳩はとても頭がいい鳥です。

 

帰巣本能も強いのでそれを利用して

帰ってくる速さを競ったり、

足につけた筒に手紙を入れ

遠くにいる相手に手紙を出したり、

とても役に立つ鳥なのです。

 

では、そんな鳩のもう一つの

英語も見てみましょう!

スポンサーリンク


もう一つの鳩(ハト)の英語とは?

真っ白い鳩が平和の式典や結婚式で

大空に放たれるのを

見たことがあるでしょう。

f33db09e29c782d3aa24fa08edeb89cd-300x240 鳩(ハト)の英語は2つあった!?驚きの使い分け方とは?

白い鳩は「平和」「幸せ」

のシンボルですよね。

 

このようなシーンで使われる白い鳩は

“dove”

と言います。

発音記号は

【dˈʌv】

「ダヴ」

と読みます。

 

鳩は人にとってとても身近な鳥ですが

国によっては鳩を食べることもあり、

その場合は“dove”を使います。

 

フランスやエジプトでは

「鳩のグリル」

“Grilled Doves”

「鳩のロースト」

“Roasted Pigeon”

という料理があり、よく食べられます。

 

日本ではあまり知られていませんね。

 

また、

鳩はマジックショーでもよく使われますよね。

f33db09e29c782d3aa24fa08edeb89cd-300x240 鳩(ハト)の英語は2つあった!?驚きの使い分け方とは?

マジックショーで使われる鳩は

真っ白い“dove”ですね。

 

マジシャンがシルクハットから

純白のハトをバサバサーッと

出すショーは有名です。

 

“He conjured a dove

out of his silk hat.”

「彼はシルクハットから鳩を出した」

“The dove from a silk hat

landed at an audience.”

「シルクハットから

飛び出した鳩が客席に着陸した」

 

いかがでしたか?

 

同じ鳩でも、

野生の鳩と平和の象徴の鳩では

まったく呼び方が違うのですね。

 

見た目が違うと、

英語の表現も違うのですね。

 

鳩を表す主な英語表現は2種類ですが

世界中に鳩は約300種類います。

 

時には繁殖してふん等で

迷惑をかけることもありますが

頭もよく人懐こい鳥ですね。

 

そんな愛すべき鳥、

pigeonとdove

ぜひ使い分けてみてください。