この記事は約 2 分で読めます。

 
今回は堅苦しい話ではなく、

ほんわかした題材を見てみたいと思います。

 

皆さんは、猫を飼っているでしょうか?

 

自由気ままに生活をしている猫を見て、

羨ましいと思った経験もあるかと思います。

 

さて、そんな猫の子どもですが

漢字では次のように表現されます。

 

子猫、小猫、仔猫です。

 

よく考えたらこの3つ、

違いがよくわかりませんよね。

そこで今回はこの3つの意味や違いについて

まとめてみました。

スポンサーリンク


子猫、小猫、仔猫の意味は?

では、早速それぞれの意味を見ていきましょう!

①子猫の意味

子どもの猫という意味です。

②小猫の意味

大人になっても

小さい猫のことを指します。

③仔猫の意味

仔猫は子猫と同じ意味で

子どもの猫という意味です。

スポンサーリンク


子猫と仔猫の違いは?

子猫と仔猫、

この2つは意味は全く同じでしたが

何が違うのでしょうか?

 

実は、仔猫の仔は

動物の子どもにだけ使用されます。

 

つまり、

人間の子どもには使用しない漢字です。

 

何故、仔は人間の子どもには

使用しないのかと言うと

仔という字は、常用漢字ではありません。

 

人名用の漢字ではあります。

 

仔細は細かいや細い

という意味が込められています。

 

子という字は元々男性に対しての

尊敬の意味合いを表しています。

 

孔子、孟子もそうですし、

子曰くとあるときの子は

師である孔子を示しているように

子という字は人への尊敬を表して付加されるものです。

 

そして、仔という字には人偏がついています。

 

これは、人間が大事に育てるペットの子である

という意味もあります。

子猫、小猫、仔猫を英語にすると?

英語にも違いがあるのです。

 

猫を英語に直すとCatです。

 

これは大人の猫に使われている英語です。

 

しかし、

子猫に対してこの言葉を使うことはありません。

 

アメリカでは子猫に対して

Kittyという言葉が使われます。

 

どちらかというと、可愛らしい猫ちゃん

というニュアンスが込められています。
 
2339f0a604e9fb375861237997c64b12-300x200 子猫、小猫、仔猫の意味、違いを徹底解説!
 
仔猫はPuttycatといいます。

 

プッシーキャットといった感じの発音です。

 

童謡の歌詞としても使われている単語です。

 

このPussycatには別の使い方もあり、

意外と優しくとソフトな人という意味もあります。

 

小猫は英語でSmall Cat

といわれています。

 

その名の通り、小さな猫という意味です。

 

もし、英語で話す場合は、Catでも通じます。

 

ただ、アメリカでは

KittyやPussycatは

アメリカのネイティブが使用するので

頭の片隅にいれておくといいでしょう。

 

以上が子猫、仔猫、小猫の違いでした。

 

日本語は同じような言葉の意味が

たくさんあるのでとても難しいですよね。

 

今回の記事を参考に

同じような意味の言葉を調べてみて下さいね。