この記事は約 2 分で読めます。

 
動物園は動物の生態や魅力を

感じさせてくれるスポットとして

人気がありますよね。

 

そんな動物園で働く

動物園飼育員は特殊な専門職であり、

給料はあまり知られていないと言えます。

 

動物好きであれば動物飼育員を

目指す人もいると思いますが、

生活していくためには

お金も必要で気になります。

 

そこで今回は

動物飼育員の給料についてまとめました。

スポンサーリンク


動物園「飼育員」の仕事内容は?

6ca497e168a794679daf1d3f99dd4054-300x200 種類別「動物園飼育員」の給料まとめ!

主に動物の飼育になります。

 

動物小屋の掃除や、

食事の準備、体調管理、繁殖など

動物の繁栄になることがほとんどです。

 

動物が快適で元気に過ごせる環境を

維持し続けなければいけません。

 

中にはショータイムなどもありますので、

企画や動物への訓練などの仕事もあります。

 

生き物相手の仕事なので交代制のシフトで

休みを交互に取ることになります。

 

他には動物園内の紹介や

ご来園頂く為の相違工夫が必要となります。

 

動物が病気になったり

出産が控えている時などは、

夜を徹して働く必要があり、

不規則な生活を強いられる事も多くあります。

 

しかし、近くで動物を観察して、

従業員にしか見る事の出来ない

感動的なシーンに立ち会う事も

ある動物好きにはとても良い職業ですね。

スポンサーリンク


動物園「飼育員」の種類とは?

あまり知られていませんが、

実は動物園には公営と民営と

2種類の経営があります。

 

①公営動物園 

6ca497e168a794679daf1d3f99dd4054-300x200 種類別「動物園飼育員」の給料まとめ!

国からのお金で運営しており、

入園料も安く、子供は無料等もよくあります。

もちろん公営ですので

職種は公務員になります。

 

勤める為には公務員の採用試験を受け、

合格をしなければなりません。

 

公務員なので、

人事異動も考えられます。

 

②民営動物園

6ca497e168a794679daf1d3f99dd4054-300x200 種類別「動物園飼育員」の給料まとめ!

経営者がいる状況なので、

利益を出さなければ経営が成り立ちません。

 

ですので入場料を安くするのは難しく、

少々高めに設定しなければいけません。

 

勤める為にはその会社独自の

採用方法がありますのでそれに従います。

 

試験内容も面接重視な所が多いようで、

動物をどれほど愛しているかを

しっかりと伝える必要があるでしょう。

動物園「飼育員」の給料は?

6ca497e168a794679daf1d3f99dd4054-300x200 種類別「動物園飼育員」の給料まとめ!

動物飼育員は動物の世話をする仕事ですが、

給料は基本的に勤務地によって差がある

と言われています。

 

動物飼育員の給料相場としては、

◇公営動物園の給料

約16~20万円

◇民営動物園の給料

地方の動物園:約12~15万円

東京の動物園:約15~17万円

 

平均的な給料はだいたい

12万円から2o万円ぐらいになります。

 

ざっくりですが、

平均的な年収に換算すると

約250~400万円となります。

 

公営と民営の差は大きく、

ボーナスが出ない所もあるので

目指すならばやはり公営かと思います。

 

公営の動物園飼育員として働く場合には、

自治体の職員として公務員待遇になるので、

ある程度は安定した給与がもらえます。

 

注意点としては、

公務員扱いになるので

職場を選ぶ事は出来ず、

異動も可能性としてあります。

 

動物園の飼育員は正直

給料が良いとは正直言えません。

 

ですが、雇われ数が少ないので、

募集があると倍率が100倍近く

になることもある人気の職業です。

 

生き物を扱う職業です、

動物が本当に大好きな方がなるべき職種ですね。